工事事例

愛知県岡崎市

工場・倉庫 資材置き場

防犯カメラの教育設備として活用した事例です。「安全カメラ」

今回の工場では、原材料の受け入れから製品の搬入まで様々なトラックが出入りします。
そしてフォークリフトが荷物の取り扱いの為、様々な場所で使用されます。
今回のお客様の工場では、自社や契約会社のトラックドライバーの方もフォークリフトを使用し、荷物の積み下ろしを行います。
そのため、定期的にトレーニングセンターで技術訓練や技術の確認を行い、業務中の安全向上をはかっています。


これまでも、ビデオカメラで撮影し、その映像を指導等に活用はされておりました。

今回、防犯カメラをモニタリングカメラとして、車両の荷台部分や建物の壁などに5台設置≪レコーダーは16chで、荷台にドームカメラ、建物壁面には140度広角FullHDカメラやPTZ(パンチルトズーム)カメラを配置≫。

これにより、レコーダーに収録したいろいろな角度の映像を、大画面で一度に再生することが可能となり、指導内容の幅が広がることが期待されます。
(全台再生、必要な場所の比較再生、拡大再生、危険事例の資料映像作成 など)


このような、防犯カメラを教育機器として様々な形態のトレーニングセンターでの活用が今後増えると思われます。

愛知県はじめ三重県・岐阜県で防犯カメラ(監視カメラ・安全カメラ)導入をご検討中の方、「防犯カメラの窓口(アクティブ・プロ)」へご相談ください


他の工事事例

まずはご相談ください。

防犯カメラの設置は防犯設備の資格を持ったプロにお任せ!

tel. 0800-808-0808

受付時間 : 9:00〜19:00  通話料無料
つながらない場合は 052-908-4504 へ