防犯カメラの取付・設置工事は「防犯カメラの窓口」へ

電話番号は052-908-4504。受付時間は平日午前9時から午後5時まで。

防犯カメラシステムの基本構成

一般的な設置内容

一般的な防犯カメラシステムの費用内訳

防犯カメラ

設置環境により必要とされる機能・形状が異なります。 必要に応じて、AHD、TVI、ネットワークカメラなど様々な種類のカメラから最適なものを選定します。
フルハイビジョン200万画素以上の画質が現在の主流です。

レコーダー

カメラの台数により機種を選択いたします。通常は、4ch、8ch、16chから選択します。

モニター

操作や映像確認に必要です。
大きさは10インチの小型から一般的な22インチ、管理室などでは40インチ以上。ご家庭では使用しているテレビモニターで代用することもあります。

工事・調査費用

現場の現状と要望を確認するため、現地調査は必要です。
設置する機種の選定、工事内容、付帯設備の追加など必要に応じて確認・ご提案いたします。そして安心できる内容を決めて施工します。

そのほかの構成

遠隔監視

レコーダーをインターネットに接続すれば、スマートフォンやパソコンで外出先からライブ映像と記録データの確認が可能です。

補助機器

周辺環境が暗い場合などは防犯性アップのため、LED防犯灯、センサーライト、赤外線投光器などの周辺設備の充実をお勧めします。

無人の設備への設置

駐車場、無人の事務所倉庫、集合住宅の共用部への設置は収納ボックスの活用で可能です。収納ボックスには温度調整のため、換気扇が内蔵されているタイプのものもあります。